いびき体に大きな負担が


しかし、いびきにはもっと深刻な問題がひそんでいます。


じつは、いびきは私たちの体に知らずしらずのうちに大きな負担をかけているのです。


よく「いびきをかくのは熟睡している証拠」などといいますが、事実はまったく逆で、大いびきをかく人はあまり睡眠がとれていないことが多いのです。

ですから、日常生活で疲れがとれない、イライラしやすい、記憶力や集中力が低下するといった傾向が現れます。

また、顔色も悪くなり、子どもでは夜尿をするようになったりします。


それだけではありません。

いびきの研究が進むにつれて、いびきは、高血圧や糖尿病、心筋梗塞などといった、さまざまな病気を呼び起こす元凶になることもわかってきました。

極端なケースでは、いびきが原因で突然死する可能性さえ指摘されています。

こうなるともう「たかがいびき」などとあなどってはいられません。

いびきはまさに、体が発している警告音なのです。

まず最初に、このことを肝に銘じておいてください。



小学館
いびきのことがよくわかる本
東京女子医科大学耳鼻咽喉科教授
高山幹子著
P13〜14 より引用



いびき対策に!【サイレントナイト】副作用ないサプリメント! トップページ



FX業者