睡眠の質を左右する「明るさ」

睡眠の質を左右する「明るさ」


オルニチンで深い睡眠が得られた場合、

アナタの体は快方に向かっていると考えてよいでしょう。

その際、一般的な快眠法も効果が出てきます。

本当に不眠に悩んでいる時は部屋の明るさなど関係なく

眠れないものですが、不眠症も軽くなってくると

こういった方法も効果が認められるようになります!




人が好む明るさはいつも一定ではなく、1日の中でも周期的に変化します。

午前中は1000ルクス以上の明るさを好みますが、午後からは少しずつ減っていき、夕方には200ルクスくらいになります。

このリズムに合わせて、オフィスは500〜1000ルクスありますし、家の台所や居間は100〜300ルクスのことが多いようです。


快眠のためには、この明るさのリズムに合わせて、夕食後は照明を次第に落としていきます。

夜の室内では、白い蛍光灯より、柔らかな感じの白熱灯がお勧めです。

眠るときにはなるべく暗くすると、快い睡眠を得やすくなるので、外が明るければ、厚めのカーテンやブラインドをつけましょう。

それでもまだ明るければ、アイマスクが役に立つこともあります。


中には、真っ暗だと寝つきが悪くなる人がいます。

暗闇に不安を覚えると、それがストレスになって心が落ち着かなくなるからです。

また、夜中にトイレへ行くために起きる人も、足元が見えなくて危険なことがあります。

そのようなときは、小さな豆電球のフットライトをつけておきましょう。


夜、遅くなってからコンビ二へ行くことは、睡眠の点から見ると止めたほうが良いことです。

コンビ二の店内はかなり明るく、1000ルクス以上の明るさがあります。

強い光は眠気を減らし、覚醒レベルを高める働きがあるため、深夜にコンビニに出かれると、それだけで寝つきに悪影響を与えてしまいます。


逆に、朝スッキリと起きるためには、強い光が有効です。

布団から出て、一気にカーテンを開けて朝日を浴びると、体内時計がリセットされて新しい1日が始まります。

寝起きが悪い人は、起床時刻にタイマーで明かりが点くように設定しておいたり、目覚まし時計ならぬ「目覚ましライト」を使ってみるのもよいでしょう。


青春新書
病気にならない睡眠コーチング
坪田 聡 著
P82〜84 より引用



いびき対策に!【サイレントナイト】副作用ないサプリメント! トップページ


FX業者